ウレタン防水のトップコートの塗り替え時期は? | コラム | 群馬県前橋市天川大島町 前橋大島駅【株式会社エム・エス】

コラム

  1. ホーム
  2. コラム

ウレタン防水のトップコートの塗り替え時期は?

2021.11.13


「過去にウレタン防水を施したベランダの表面がひび割れている」というかたはいませんか?
それはトップコートが剥がれる現象かも知れません。
トップコートの剥がれを放置すると、防水層が劣化しやすくなってしまいますよ。
そこで今回は、ウレタン防水のトップコートの塗り替え時期について解説していきます。

▼ウレタン防水とは
ウレタン防水とは、液体状のウレタン樹脂を塗り重ねて防水層を作る方法です。
比較的簡単に施工できて、費用もそこまでかかりません。
別の工法による防水層の上からでも塗れるので、使い勝手も良いでしょう。
定期的にトップコートの塗り替えを行なうことにより、15年程度はウレタン防水の効果を持続できるでしょう。

▼トップコートの塗り替え時期は?
トップコートの塗り替え時期は、一般的には施工後5~6年周期と言われています。
ただしフッ素系素材のトップコートは10年ほど効果が持続することもあります。
ちなみにトップコートの塗り替えには、1㎡あたり1,600~1,700円ほどの費用がかかります。

▼まとめ
ウレタン防水のトップコートの塗り替えは、5~6年おきに行なわれるのが一般的です。
DIYで行なうのも不可能ではありませんが、熟練の職人が行なうと仕上がりが綺麗で、耐用年数も長くなりやすいですよ。
群馬県前橋市にある株式会社エム・エスでは、防水工事や塗装工事を行なっております。
「トップコートの塗り替えをしたい」というかたは、ぜひお気軽にご相談ください。

最新記事

  • New

    2022.07.01

    塗膜防水工法とは?種類も様々

  • New

    2022.06.15

    塗膜防水の施工方法は?メリットはある?

  • New

    2022.06.01

    外壁塗装の費用相場はどのくらい?

  • New

    2022.05.15

    外壁塗装で使われる塗料の種類と耐用年数について

  • New

    2022.05.01

    外壁塗装の手順を分かりやすく紹介

アーカイブ