シート防水とは。費用相場は? | コラム | 群馬県前橋市天川大島町 前橋大島駅【株式会社エム・エス】

コラム

  1. ホーム
  2. コラム

シート防水とは。費用相場は?

2021.11.17


「屋上の防水工事を考えているが、シート防水について具体的に知りたい」というかたはいませんか?
そこで今回はシート防水について解説していきます。
ぜひ参考にしてみてください。

▼シート防水とは
シート防水とは、塩化ビニール製やゴム製のシートを張ることにより防水層を作る方法です。
シートを被せる工法のため、前に行なった防水工事の種類に関わらず施工できます。
一般的には貯水槽や室外機などがない屋上に施工されます。
広い面積を一度に施工できるので、3日前後で施工が完了することが多いですよ。
またシート防水には「密着工法」と「機械固定工法」の2種類があります。

・密着工法…専用の接着剤を使い、施工箇所にシートを張り付ける
・機械固定工法…下地に取り付けたディスクにシートを固定する。シートの一部が浮いた状態になるので通気性が良い

▼シートの種類で耐用年数が変わる
シート防水は、シートの種類によって耐用年数が変わります。

【耐用年数】
塩ビシート…13~15年
ゴムシート…10~12年

現在は塩ビシートによる施工が主流です。

▼シート防水の費用相場は?
シート防水の費用相場は、1㎡あたり4,000~7,000円ほど。
費用と耐久性のバランスが良いのが特徴です。

▼まとめ
シート防水は、塩ビシートやゴムシートを使った防水工事です。
費用と耐久性のバランスが良く、屋上への施工に適していますよ。
群馬県前橋市にある株式会社エム・エスでは、シート防水を始め、さまざまな防水工事を行なっております。
「防水層の表面にひび割れがある」「雨漏りがする」という場合は、ぜひお気軽にご相談ください。

最新記事

  • New

    2022.07.01

    塗膜防水工法とは?種類も様々

  • New

    2022.06.15

    塗膜防水の施工方法は?メリットはある?

  • New

    2022.06.01

    外壁塗装の費用相場はどのくらい?

  • New

    2022.05.15

    外壁塗装で使われる塗料の種類と耐用年数について

  • New

    2022.05.01

    外壁塗装の手順を分かりやすく紹介

アーカイブ