チョーキング現象の原因と対策 | コラム | 群馬県前橋市天川大島町 前橋大島駅【株式会社エム・エス】

コラム

  1. ホーム
  2. コラム

チョーキング現象の原因と対策

2021.12.28


「外壁を触ったら手に白い粉が付いた」というかたはいませんか?
今回は、手に白い粉が付く「チョーキング現象」の原因と対策について解説していきます。

▼チョーキング現象を確認するには
チョーキング現象を確認するには、以下の方法を行なってみましょう。

手で外壁に触る
チョーキング現象が発生している箇所を手で触ると、手に白い粉が付くので分かりやすいです。
チョーキング現象は、紫外線で塗膜が劣化することによって起こるケースが多いです。

外壁を水で濡らす
チョーキング現象が起こっている外壁を水で濡らすと、外壁が変色します。
晴れの日と雨の日の、外壁の色を見比べてみましょう。

▼チョーキング現象の原因と対策
ここでは、チョーキング現象の原因と対策についてご紹介していきます。

紫外線による劣化
外壁が紫外線を浴びると、成分中の白色顔料(酸化チタン)が浮き出てきます。
チョーキング現象は白い外壁で起こりやすいので、チョーキング現象を避けたい場合は、濃い色の外壁にすると良いでしょう。

施工不良による劣化
施工不良によってもチョーキング現象が起こります。
下塗り材を使用していなかったり、施工に適さない湿度や温度の時に施工したり。
外壁塗装を施して5年以内にチョーキング現象が発生した場合は、施工不良の可能性が高いです。
施工不良によるチョーキング現象が起こった場合は、塗装業者に施工し直してもらうか、もっと質の高い施工を行ってくれる業者を探すことをおすすめします。

▼まとめ
チョーキング現象は紫外線による劣化や、施工不良によって起こります。
群馬県前橋市にある株式会社エム・エスでは、塗装工事や防水工事を行なっております。
「チョーキング現象が発生したので再度、外壁塗装を行ないたい」という場合は、ぜひお気軽にご相談ください。

最新記事

  • New

    2022.07.01

    塗膜防水工法とは?種類も様々

  • New

    2022.06.15

    塗膜防水の施工方法は?メリットはある?

  • New

    2022.06.01

    外壁塗装の費用相場はどのくらい?

  • New

    2022.05.15

    外壁塗装で使われる塗料の種類と耐用年数について

  • New

    2022.05.01

    外壁塗装の手順を分かりやすく紹介

アーカイブ