塗膜防水の施工方法は?メリットはある? | コラム | 群馬県前橋市天川大島町 前橋大島駅【株式会社エム・エス】

コラム

  1. ホーム
  2. コラム

塗膜防水の施工方法は?メリットはある?

2022.06.15


雨漏りが気になる方で防水工事をお願いする際に気になるのが、塗膜防水ではないでしょうか?
様々な防水工事がありますが、その中でも塗膜防水の施行方法はどういったものなのか気になるところです。
今回は、塗膜防水の施工方法について紹介していきますので、是非参考にしてください。

▼塗膜防水とは
塗料で行う防水工事のことで、何度も塗ることで膜が防水機能をつくっていく方法です。
塗るだけで防水になるのが不思議ですが、施工も簡単でお値段もお安いことから使用している人も多いようです。

▼塗膜防水のメリット
塗る方法のため、複雑な場所でもつなぎ目がなく行えるのが大きなメリットです。
元々の状態にもよりますが、既存の防水層を撤去する必要もありません。
安価でできるため、一般家庭やビルなど様々な場所で使用されています。

▼塗膜防水の施工方法
塗膜防水の中にも様々な種類がありますが、その中でもウレタン塗膜防水の施工方法について紹介していきます。

①下地調整のため設置物を移動し、必要がある場合は補修を行う。
②密着させるためのプライマー塗布を行う。
③補強布を張り付ける。
④防水材を塗布する。
⑤トップコートを塗る。

▼まとめ
塗膜防水は、複雑な場所や排水溝のつなぎ目などに塗ることができるので使用されている人も多いものとなっています。
塗料を塗り重ねることで防水層を作っていく方法で、雨水などを浸透させないようにしていくようです。
弊社では、塗膜防水工法を行っていますので気になる方は是非一度お問い合わせください。

最新記事

  • New

    2022.08.15

    防水工事で失敗しない選び方を解説

  • New

    2022.08.01

    防水工事を依頼する際に注意するポイントは?

  • New

    2022.07.15

    防水工事の安全対策はどういったものがある?

  • New

    2022.07.01

    塗膜防水工法とは?種類も様々

  • New

    2022.06.15

    塗膜防水の施工方法は?メリットはある?

アーカイブ