防水工事の安全対策はどういったものがある? | コラム | 群馬県前橋市天川大島町 前橋大島駅【株式会社エム・エス】

コラム

  1. ホーム
  2. コラム

防水工事の安全対策はどういったものがある?

2022.07.15


防水工事はべランダや屋上で行う場合が大半なので、安全対策について気になる方も多いのではないでしょうか。
これまでの防水工事で落下事故もあるため、特に気を付けなければなりません。
そこで今回は、防水工事の安全対策について紹介していきますので、是非参考にしてください。

▼防水工事の危険性
防水工事は、雨の降らない日に行う場合が多く雨が降った場合は中止にすることもあります。
雨が降ると足場も悪くなり転倒の恐れがあったり、雨具を着用すると視界も悪く電気機器に関電する恐れもあるようです。
事故が起きてしまう原因として以下があげられます。

・安全帯をつけていない。
・作業が終わる前に足場を解体した。
・手すりなどの墜落防止措置を行っていない。

▼防水工事の安全対策
防水工事を行う際に、危険が少しでも回避できるように完璧な安全対策が必要となってきます。
主な安全対策は以下の通りなので、是非参考にしてください。

・ヘルメットや安全帯、安全靴などしっかりと着用する。
・チームとのコミュニケーションを忘れない。
・手すりをしっかりと付ける。
・足場の解体は正しいタイミングで行う。
・作業員の体調を把握する。

▼まとめ
防水工事は、危険性も高いためしっかりとした安全対策が大切です。
安全帯などは緩んでいないか、破損はないのか事前に確認することも重要となってくるでしょう。
弊社では、安全対策のもと防水工事など幅広く行っております。
気になることがあれば是非一度お問い合わせください。

最新記事

  • New

    2022.09.15

    防水工事で注意するべき見積もりは?

  • New

    2022.09.01

    防水工事の工事期間はどのくらい?

  • New

    2022.08.15

    防水工事で失敗しない選び方を解説

  • New

    2022.08.01

    防水工事を依頼する際に注意するポイントは?

  • New

    2022.07.15

    防水工事の安全対策はどういったものがある?

アーカイブ