シーリング材(コーキング材)の硬化時間は? | コラム | 群馬県前橋市天川大島町 前橋大島駅【株式会社エム・エス】

コラム

  1. ホーム
  2. コラム

シーリング材(コーキング材)の硬化時間は?

2021.12.13


家を風雨から守ってくれるシーリング材。
シーリング工事を行なう際は、どのくらいの時間で固まるのでしょうか?
硬化時間を知ることで、適切な工事が行なえるようになるでしょう。
そこで今回は、シーリング材の硬化時間について解説していきます。

▼シーリング材の硬化度合いは3段階で考える
シーリングの材の硬化度合いは、次の3段階で考えると良いでしょう。

①表面硬化
手で触っても手に付かないくらい固まった状態。

②被膜硬化
塗装もできるくらい固まってきています。

③完全硬化
シーリング材全体が完全に固まっています。
完全硬化すると、ゴムのような弾力のある質感になります。

▼シーリング材の硬化時間
シーリング材は、種類によって硬化時間が異なります。

・ウレタン系…コンクリートのひび割れ補修に使われます。完全硬化まで約1週間かかります。
・シリコン系…水回りで良く使われます。完全硬化までに約24時間かかります。
・変成シリコン系…外壁補修で使われます。完全硬化まで約72時間かかります。

シーリング材は表面から徐々に固まっていきます。
ちなみにシーリング材の硬化時間は、温度や湿度によっても異なります。
特に5℃以下の環境では固まらなくなるので、特に冬は注意が必要です。

▼まとめ
シーリング材の硬化度合いは3段階で考えましょう。
またシーリング材の種類によって硬化時間が異なる点も、施工の際には注意が必要です。
群馬県前橋市にある株式会社エム・エスでは、塗装工事や防水工事を行なっております。
「シーリング材が劣化してきたので、メンテナンスしてほしい」という場合は、ぜひお気軽にご連絡ください。

最新記事

  • New

    2022.07.01

    塗膜防水工法とは?種類も様々

  • New

    2022.06.15

    塗膜防水の施工方法は?メリットはある?

  • New

    2022.06.01

    外壁塗装の費用相場はどのくらい?

  • New

    2022.05.15

    外壁塗装で使われる塗料の種類と耐用年数について

  • New

    2022.05.01

    外壁塗装の手順を分かりやすく紹介

アーカイブ