シート防水の種類は? | コラム | 群馬県前橋市天川大島町 前橋大島駅【株式会社エム・エス】

コラム

  1. ホーム
  2. コラム

シート防水の種類は?

2021.11.25


シート防水には種類があるのをご存じですか?
そこで今回は、シート防水の種類について解説していきます。

▼シート防水の種類
シート防水には「塩ビシート防水」と「ゴムシート防水」の2種類があります。

塩ビシート防水
塩化ビニール製のシートを下地に貼り付ける工法です。
既存の防水層がシート防水でなくても施工できるので、使い勝手が良いです。
既存の防水層を撤去するコストも削減できますよ。
塩ビシート防水は低コストかつ短工期でできます。
ゴムシート防水よりも耐久性があるので、現在の主流になっています。

ゴムシート防水
ゴム製のシートを下地に貼り付ける工法です。
伸縮性に優れますが、下地の影響を受けやすいデメリットも。
ゴムシートは厚さがないので、鳥のついばみで破れてしまうこともあります。

▼シート防水の工法は2種類ある
シート防水は工法にも種類があります。

・密着工法…シートを直接下地に貼り付ける工法です。雨漏りしていない場合に利用されます。
・機械固定工法…下地ではなく、下地に設置したディスクにシートを貼り付けます。シートの一部が下地から浮いた状態になるので、通気性が確保できます。

▼まとめ
シート防水には「塩ビシート防水」と「ゴムシート防水」の2種類があります。
塩ビシート防水のほうが耐久性が高いため、現在の主流になっています。
群馬県前橋市にある株式会社エム・エスでは、防水工事や塗装工事を行なっております。
「屋上の防水層が劣化している」という場合は、ぜひお気軽にご相談ください。

最新記事

  • New

    2022.07.01

    塗膜防水工法とは?種類も様々

  • New

    2022.06.15

    塗膜防水の施工方法は?メリットはある?

  • New

    2022.06.01

    外壁塗装の費用相場はどのくらい?

  • New

    2022.05.15

    外壁塗装で使われる塗料の種類と耐用年数について

  • New

    2022.05.01

    外壁塗装の手順を分かりやすく紹介

アーカイブ